2006年07月13日

第一回会合

第一回会合は、メールによる往復書簡にて行われました。
あまりにも、読みづらい文章でありますが、混沌とした中に今後に繋がる基調が見える気がしたので、あえて原文のままで。

---クム→トトキ---
どうも、クムです。

したためると言っても、なんですが、
とりあえず、今日まで感じていることをざっくばらんと。

・かなりπ/を意識しながら、街を歩くようになりましたが、意外と1日に数回ぐっとくるものに出会うことがあります。
・やはり、メイド服とか言動でしか分からないツンデレとは違い、目で見て、愛でられるというのがよいですなぁ。しかも、日常にある。めがね萌えも同様なのですが。
・やはり日本人は、見えるか見えないか、形作られるか作られないかという微妙さに、何か心を揺らがすと再認識。
・世の中には、萌えられる人と萌えられない人といますが、はっきりいって、自分は、萌えられて幸せですね。見る度に、こうポイントが上がるみたいな。
・でも、気をつけなければならないのは、
 π/だとすぐに目がいってしまうこと、で、それが、男性だったときの残念感。意外と凹みます。めがねの場合は、顔を見るだけで、すぐに識別できるので、そんな問題は起こらないのですが。
・ある人が云うには、π/は冬も見れるというか、
 ダッフルコートに小さな斜めのポーチというのもいいよねと言っているのを聞いてなるほど。でも、π/として、ありなのか、まだ悩んでおります。

まずは、現在思っていることをメールしました。

クム

---トトキ→クム---
どうもです。

たいへん気持ちのこもったメールをどうもどうもです。
たいへん熱い思いが伝わってきた気がいたします。

>>あれ以来、かなりπ/を意識しながら、街を歩くようになりましたが、
私も、七夕まつりで意識してあたりを見回すようにしてみました。
常に視線がその辺に行っている私は傍目とても怪しかったかもしれません。

>>やはり、メイド服とか言動でしか分からないツンデレとは違い、目で見て、愛でられるというのがよいですなぁ。しかも、日常にある。めがね萌えも同様なのですが。
「愛でる」ってあたり、重要なキーワードかもしれませんね。
めがね萌えも相手との目線を気にせずに愛でていられるのかどうか。。。

>>やはり日本人は、見えるか見えないか、形作られるか作られないかという微妙さに、何か心を揺らがすと再認識。
「わびさび」なんですかねぇ。「粋」なんですかねぇ。「諸行無常」な(ry

>>世の中には、萌えられる人と萌えられない人といますが、はっきりいって、自分は、萌えられて幸せですね。見る度に、こうポイントが上がるみたいな。
自分は、崩えられて幸せですね。
「崩え」は「ヤンデレ」に包摂される概念のような気がしてきた今日この頃。・・・などとさりげに異なる概念を持ちだしてみる。

>>π/だとすぐに目がいってしまうこと、で、それが、男性だったときの残念感。意外と凹みます。
何度も経験しました(涙)。これからは男がπ/やると男がスカート穿いたみたいな白い目で見られる時代が来るんでしょうか。

トトキ
-------
posted by π/研記す at 01:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 会合日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。